探偵事務所の浮気調査方法と調査の流れを解説します

浮気調査

日々、探偵事務所には数多くの依頼が舞い込んできます。その中で特に多いのが浮気調査です。

最近では男性だけでなく女性が浮気をするケースも増えているということで、男性・女性を問わず、浮気調査の相談が寄せられています。

そこで今回は探偵事務所が実施する浮気調査の方法に関して詳しくみていきましょう。

情報収集

まず最初に行われるのは浮気調査の対象者に関する情報収集です。

ここでの浮気調査の対象者とは「あなたのパートナー」のことを指します。

浮気調査の相談をした際には、あなたのパートナーの異変を詳しく伝えることからスタートします。

例えば、「最近自宅に帰ってくるのが遅くなってきた」とか、「外出する際の服装に気を使い始めた」、「スマホにロックがかかっている」、「出張の頻度が多くなってきた」などです。

これらの情報をさらに深掘りしていき、具体的な情報を確認していきます。

パートナーのスマホなどから浮気相手と会う約束をしている内容のメールやラインを確認することができれば、依頼をしたその日に浮気調査を依頼することができます。

浮気調査の依頼をした後、調査スタッフはパートナーの写真や愛車の情報、浮気相手の情報などを収集して調査の準備に取りかかります。

尾行調査

浮気調査の当日は基本的に対象者の尾行を行います。基本的に1人では実施せず、2~3人が1つのチームになって尾行を実施します。

調査料金は調査員1名あたりで設定されるところが多いので、調査員1名で調査を実施してもらいたい気持ちになりますが、1名での尾行調査は見失う確率も高くなってしまいます。

特に車移動をする場合の尾行は非常に難しいため、複数人で調査を依頼することをお薦めします。

自分の力で尾行して証拠を掴もうと考える方もいますが、尾行行為は高度なスキルが必要となります。

探偵業界においても、この尾行行為を完全に習得して一人前と見做されています。

あなたはパートナーに知られている身近な存在なので、尾行をしている際に気付かれる可能性が非常に高いです。

調査スタッフはパートナーに顔が知られていないので、尾行中に振り返られても、知らない顔をして通り過ぎれば尾行をしていることを気付かれることはありません。

浮気の証拠の確保

尾行を続けながら、浮気の証拠を収集していきます。

浮気の証拠となるものの代表例としては、パートナーが浮気相手と一緒にラブホテルに入っていくシーンの写真撮影や動画撮影です。

浮気相手の部屋が特定できている場合はその部屋に一緒に入っていくところを撮影することも確実な証拠となります。

その他にも二人で手を繋いで歩いているシーンなども有効です。

調査スタッフが使用しているカメラは非常に高性能なので、はっきりとパートナーと浮気相手の顔が写っている証拠を掴み取ってくれます。

収集した証拠は調査報告書としてわかりやすくまとめてくれます。調査日のパートナーの行動が簡単に把握できるように時系列で説明とその内容に合致した写真を掲載しています。

離婚を検討する場合

パートナーの浮気行為が原因で離婚を検討する場合は、パートナーと浮気相手との肉体関係があったことを証明する必要があります。

裁判で争うことになった際にもこの点が大きな焦点となります。

そのため、上記で紹介した中では二人でラブホテルに入っていく、あるいは出てくるところを抑えることが浮気の証拠としては非常に有効な手段となります。

メールやラインなどのやり取りの内容だけでは証拠としては不十分だと判断されるケースが多いです。

まずは探偵事務所に相談しよう

パートナーの浮気に悩んでいるのであれば、まずは気軽に探偵事務所に相談することをお薦めします。

大半の探偵事務所は無料でパートナーの浮気の相談に対応してくれます。中には相談するだけで解決してしまうケースもあります。

浮気は非常にデリケートな問題なので、親しい友人などにも相談できないケースが多いです。探偵事務所なら専門知識や豊富な経験があるので適切なアドバイスをしてもらえます。

また、浮気調査は一度相手に気付かれてしまうとその後は警戒されてしまうので、浮気の証拠を掴むのは難しくなってしまいます。

確実に浮気の証拠を掴み取るためにも探偵事務所に調査を依頼することをお薦めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です